FC2ブログ

伝わっていくもの

今日は風が冷たく、すっかり秋ですね。
この土日は秋祭りを行っているところが多いのではないでしょうか?
瓦縁の外でも、ドンドンと太鼓の音・・・よ~いやさ~と子供たちの掛け声が聞こえます・・・

さて、突然ですが皆さんはご自分の「家紋」をご存知でしょうか?
日本では種類が5000以上もあると言われています。
ほとんど同じに見えても、ほんの1本、線があるかないかで異なってきますよね。

132_convert_20081012140002.jpg

これはペンダントトップをイメージして作ったもので直径3cm程です。
もちろんそのままペンダントとしても渋いですが、いくつか壁にかけておけば、
和風のインテリアにもなるのではないでしょうか。

続いて、一輪挿し、そして灰皿です。
134_convert_20081012140344.jpg

137_convert_20081012141236.jpg

一輪挿しはさりげなく玄関や居間に飾ったり、灰皿は実際に使ってもよし、飾ってもよし。

そして最後に鬼瓦。
140_convert_20081012140754.jpg

これはかなりの大物です。貫禄があります。床の間などに飾れます。
またこれは、実際に屋根に乗せる鬼瓦の1つですので、屋根の上ではこんな感じ↓↓↓
144_convert_20081012141033.jpg

古き良き文化を忘れず大切に継承して行きたいものです。
これを機に家紋を調べて、紋入りいぶし瓦、古風に渋く飾ってみませんか?

※瓦縁では、紋入り製品の別注製作も承っております。
大きさ、形などご指定いただくことも可能です。
紋には種類が多数ありますので、ご依頼の際には、はっきりと紋が特定できる写真、絵などをお持ちください。
スポンサーサイト



| ホーム |


 BLOG TOP