FC2ブログ

これまで、小物瓦をご紹介することが多かったのですが、
今日は鯱をご紹介したいと思います。
ひとえに「鯱」と言ってもさまざまです。
例えば、大阪城や名古屋城、そして姫路城に使用されている鯱も同じではありません。
また、製造する鬼師によっても表情が変わってきます。

我が瓦縁で最も存在感を示す鯱。

043_convert_20090219161350.jpg

050_convert_20090219161934.jpg

手前の鯱は、姫路城の鯱を復元したものです。
小さく見えますが、高さ35cm程あります。

051_convert_20090219162144.jpg

そして一段と目を引くのが、以前にも一度紹介したことのある純金焼きの鯱。

038_convert_20090219161054.jpg

059_convert_20090219170645.jpg

この鯱は他の鯱にはないひげがあります。

そして今瓦縁にある一番かわいらしい鯱。

052_convert_20090219162544.jpg

高さはほんの15cm程ですが、表情は見事な貫禄です。

054_convert_20090219162956.jpg

頭は虎のようで体は魚、尾を空を向き、鋭いとげで体を覆われた想像上の生物と言われ、
建物が火事の際に水を噴き出して火を消す守り神として、
昔から屋根の装飾瓦として使われてきました。
そんな鯱を間近で見たことがない方が多いのではないでしょうか?
今日ご紹介できませんでしたが、他にも数種の鯱を取り揃えてあります。
一見の価値ありですよ!

スポンサーサイト



<< 瓦縁@おかやまフェア | ホーム | GAEN >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP