FC2ブログ

2008年12月31日

12月31日を迎えると、毎年必ず思います・・・
「あっ」と言う間の一年だったと。。。

皆様にとって、どんな2008年でしたか?

我が小林瓦商店にとっては、『かわらギャラリー瓦縁』をオープンさせるという、
新たな一歩を踏み出した記念すべき年となりました。
瓦の良さをもっと知ってもらいたい、身近に感じてもらいたいという思いからはじめた瓦縁。
おかげさまでたくさんのお客様にご来店いただき、感謝感謝の一年でした。
本当にありがとうございました。
来年も、皆様と一緒に瓦の新たな可能性を見つけていければ・・・と思っております。

皆様、よいお年をお過ごしください。

師走

いつの間にやら、12月も半ばを過ぎ、2008年も残すところわずかとなりました。
まだまだ世間はクリスマスモード一色ですが、瓦縁では一足早くお正月の演出をしてみました。

CIMG1117_convert_20081221133015.jpg

四角い箱型の花器(瓦)に石を敷き、葉ボタンと南天を飾り、鬼面を乗せてみました。
たとえば今なら花をポインセチアなどにすると、一気にクリスマス風となります。
アレンジ次第で、いろいろ楽しめることをまた発見です。

そして今日は姫路城シリーズ~瓦縁~のご紹介をしたいと思います。

CIMG1141_convert_20081221141133.jpg

写真が悪くて申し訳ありません。。。
他にまだ2、3種類取り揃えております。
当店からも眺められる姫路城。姫路に生まれ育った者の誇りです。
いつも身近に感じていられたら。。。

そして、前回から随分日が経ちましたが・・・今週の花器&花。

IMG1039_convert_20081130133329.jpg

IMG1043_convert_20081130134237.jpg

緑が一層鮮やか。花と花器が仲睦まじく佇む瓦縁、干支瓦も好評発売中です。

梟(ふくろう)

ずいぶん久しぶりの更新となってしまいました…。
気がつけば、前回の更新からもう1ケ月以上も経ち…。
いつもお立ち寄りいただいている方々、大変申し訳ありませんでした m(_ _)m

さてさて、気を改めて!
今日は幸せを呼ぶ鳥「ふくろう」シリーズをご紹介したいと思います。
「ふくろう」と言えば、もうあまりにも有名な縁起の良い鳥ですよね。
「不苦労」「福籠」「福老」「知恵の神」「招福の神」などなど、
その言われはたくさんあります。
そしてあります瓦縁にも、瓦梟。

CIMG0799_convert_20081115130024.jpg

CIMG0804_convert_20081115130328.jpg

CIMG0812_convert_20081115130635.jpg

上から順に大・中・小と並べてみました。
どれもこれも、愛嬌があって素敵です。そして、瓦という渋さ!
大きな眼で世の中をじーっと見て、幸せを運んでくれるでしょう。
玄関や居間に飾ったり、贈り物としても最適です。

さてさて、今日はもう一つ紹介します。
瓦縁オープン以来ずっと店先でお客様を出迎えてくれている、お花。
1週間に一度のペースで、瓦縁の雰囲気を知りつくしたお花屋さんが店まで生けに来てくれています。

CIMG1032_convert_20081115123500.jpg

この写真でお気づきでしょうか。花の美しさを一段と引き立てる花器。そうです、これも瓦です。
CIMG1033_convert_20081115124945.jpg

本当は傘立てなのですが、これは底に水抜きの穴がないタイプの商品なので、花器として使えば、燻銀が花を一層引き立てるのではないかと思い使用してみたところ見事にマッチしたというわけです。
一つの商品がアイデア一つでたくさんの可能性を生み出すということですね・・・。
今後もこの花器、週替わりの花達と共に紹介していきたいと思っています。

伝わっていくもの

今日は風が冷たく、すっかり秋ですね。
この土日は秋祭りを行っているところが多いのではないでしょうか?
瓦縁の外でも、ドンドンと太鼓の音・・・よ~いやさ~と子供たちの掛け声が聞こえます・・・

さて、突然ですが皆さんはご自分の「家紋」をご存知でしょうか?
日本では種類が5000以上もあると言われています。
ほとんど同じに見えても、ほんの1本、線があるかないかで異なってきますよね。

132_convert_20081012140002.jpg

これはペンダントトップをイメージして作ったもので直径3cm程です。
もちろんそのままペンダントとしても渋いですが、いくつか壁にかけておけば、
和風のインテリアにもなるのではないでしょうか。

続いて、一輪挿し、そして灰皿です。
134_convert_20081012140344.jpg

137_convert_20081012141236.jpg

一輪挿しはさりげなく玄関や居間に飾ったり、灰皿は実際に使ってもよし、飾ってもよし。

そして最後に鬼瓦。
140_convert_20081012140754.jpg

これはかなりの大物です。貫禄があります。床の間などに飾れます。
またこれは、実際に屋根に乗せる鬼瓦の1つですので、屋根の上ではこんな感じ↓↓↓
144_convert_20081012141033.jpg

古き良き文化を忘れず大切に継承して行きたいものです。
これを機に家紋を調べて、紋入りいぶし瓦、古風に渋く飾ってみませんか?

※瓦縁では、紋入り製品の別注製作も承っております。
大きさ、形などご指定いただくことも可能です。
紋には種類が多数ありますので、ご依頼の際には、はっきりと紋が特定できる写真、絵などをお持ちください。

瓦縁の太陽

ここ2、3日で急に寒さが増してきました。しかも雨が続いています。台風の影響でしょうか・・・。そして今も外は雨ですが・・・店内で太陽のように輝く一品をご紹介します。
IMG_2203_convert_20080930221936.jpg
IMG_2204_convert_20080930223458.jpg
鯱です。純金焼の鯱です。写真ではその輝きが十分に伝えられないのがとても残念です。是非是非一度、見に来てください。生で見る価値大ありです☆

そして今日はもうひとつ。出来たてほやほやの新商品です。ちょっと思考を変えて作ってみました。
IMG_2202_convert_20080930222012.jpg
ネックレスです。わかりますか?瓦の部分。直径1cm程の超ミニ瓦を使用しています。和風ビーズとの愛称ばっちりです。これからの季節、タートルネックの上から着けるととっても素敵だなぁ。。と創造すると冬が来るのも待ち遠しい♪

瓦ギャラリーと言えば、屋根用の瓦しか想像がつかない方がほとんどだと思いますが、こういったおしゃれ瓦にガーデニング用瓦、装飾瓦など、本当に面白いものがたくさんありますよ。

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE